節約と旅と本と……

バター広がるクイニーアマン食べてみた ファミマのパン

 
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

ファミリーマートの新商品(2/26~)、

「バター広がるクイニーアマン」を食べてみました。

安心のゴールデンシリーズですね。

ふとクイニーアマンってなんだ?と思って調べてみたのですが。

フランスの伝統的な洋菓子の一種らしいです。

クイニーアマンは、「バター(amann)の菓子(kouign)」という意味で、実際にバターを多用するのが特徴ですね。

過去にバターは豊富にあるけれど、小麦が不足した時期がありました。

その時期にやたらとバターの配分を多くしたパンを作ってみた結果、パンの失敗作としてクイニーアマンが誕生したそうです。

今ではバターの方が価格も高くなってしまいましたが、そんな歴史を持つパンが日本に来て、今ではファミリーマートで売られていると思うと、なんだか感慨深いですね。

 

ということで今回も食べた感想と商品情報をまとめていきます!

スポンサーリンク

 

バター広がるクイニーアマン見た目

 

大きさは11×11㎝で、メロンパンよりも小さいくらいです。

表面には砂糖がパリッパリに固まっています。

溶けた砂糖を固めてあるパンはたまにありますが、ここまで厚く固まっているものは珍しいですね。

これの砂糖も、クイニーアマンの特徴の一つです。

 

断面をみると表面の砂糖の層が、けっこう厚いことが分かります。

中身はクロワッサンのような感じでスカスカです。

所々に黄色いところがあって、バターがしっかりと染み込んでいることが分かります。

 

バター広がるクイニーアマン味

 

袋を開けると、バターの濃厚な香りと、砂糖の甘い香りが広がります。

いざ食べてみると、さらに濃いバターの香りが鼻に抜けました。

味もしっかりとしたバターの味と、砂糖の甘さが混じった味ですね。

よく言えばシンプルで、悪く言えば単調です。

存分にバターの風味を楽しめて美味ですが、けっこう濃厚です。

自分には濃すぎて、正直なところ重かったですね。

食感は表面のパリパリと、中身の柔らかさが混ざって、面白い食感でしたよ。

スポンサーリンク

 

バター広がるクイニーアマン原材料

 

主な原材料は、マーガリン・糖類・バター・バター入りマーガリンなどです。

材料も少なめでシンプルですね。

マーガリン・バター・バター入りマーガリンと入っているので、やっぱり濃いです。

 

価格・カロリー・脂質など商品情報

 

お値段税込145円!

カロリー453kcal、脂質30.9gです!

ご参考までに。

 

バター広がるクイニーアマンまとめ

 

これまでに無いくらい、存分にバターの風味を味わえるパンでした。

しかし砂糖とバターの一本調子なので、飽きやすいと言えます。

ただでさえ濃いので、ちょっとしんどいですね。

お腹が空いていて、がっつりカロリーを取りたいときに食べましょう。

以上、バター広がるクイニーアマンまとめでした!

スポンサーリンク

 
The following two tabs change content below.

ginta

田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク





 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カナヘビもどき , 2019 All Rights Reserved.