節約と旅と本と……

一人暮らしと実家暮らしの違いを比較してみた 結局どっちが良い?

 
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

新生活から、大学や会社に通うために一人暮らしを始める人も多いでしょう。

一人暮らしというと、

 

・家事を自分でしなければいけない。

・解放されて「自由」になる!

・一人だと寂しい…

 

など様々な事が連想されますが、具体的に実家暮らしとは何が変化するのでしょうか?

筆者自身は一人暮らしをしていますが、たまに実家へ帰ると、様々な違いを感じます。

そして両者とも、それぞれメリットとデメリットが存在します。

そこで今回は、これから一人暮らしを検討している方向けに、実家暮らしと一人暮らしのメリット・デメリットをまとめて、両者の違いを比較してみました。

スポンサーリンク

 

実家暮らしのメリット

 

1.家族が家事をやってくれる

 

久しぶりに実家に帰ってみて、ご飯が勝手に出てきたり、風呂が沸いていたりすると、もはや旅館のように感じます。

掃除もしてくれたら、一人暮らしによくあるように、家が荒れることもありません。

一人暮らしでは自力でやっていたことをしてくれるなら、その分の時間を他の事に使うことができますね。

 

2.生活費が浮く

 

働いているなら、少しぐらいは納めるべきですが、一人暮らしよりは確実に生活費が浮きます。

家賃を払う必要がありませんし、光熱費・水道代も家族と割り勘にできるので、金を貯めたい場合は実家暮らしの方が良いです。

 

実家暮らしのデメリット

 

実家暮らしは自由が少ない

 

実家で暮らしているとき以上に、帰省した際には強く感じることです。

自分の部屋があっても、家族の話し声やたてた音が聞こえてくるので、一人暮らしほど静かになりません。

また、家のほとんどは共用スペースになるので、一人暮らしのように家中を好きなようにカスタマイズするのも困難です。

風呂や食事の時間も、ある程度は決まってしまいます。

人によっては、家族から自分の行動に口出しされるのが嫌な人もいるでしょうね。

 

一人暮らしのメリット

 

1.自立できる

 

家事を全て自力でやらなければいけないので、必然的に生活力が身に付きます。

日々の生活を自分で管理することで、自己管理能力が身に付く他、調理には脳の活性化効果、掃除には運動効果が期待できるとされています。

家事を行うことによって得られる能力は、就活や仕事においても役立つものです。

親がいなくなれば、いずれはやらなければいけないものですが、早めに一人暮らしをしておけば役立つ事も多いでしょう。

 

2.親や周りの人々のありがたみに気づく

 

自立に関する事ですが、いままでやってもらっていた事を、自分でやるようになって、周りの人々のありがたみが分かるようになります。

特に自炊や洗濯をするようになると、いかに親に助けられていたのかに気づきます。

その事に気づくと、家庭の外でも、友達や同僚・先生や上司など、たくさんの人々に助けられていたことをより実感できるはずですよ。

 

3.一人暮らしは自由

 

家に住んでいるのは自分だけなので、玄関~台所まで、家中を自分色にカスタマイズできます。

まさに自分の城を築くことができますね。

また行動面でも、何をいつ食べるのも自由、風呂入る時間も寝る時間も自由、何時にどこへ外出しするのも自由です。

実家でも出来ることはありますが、家族の目を気にする必要がなく、何をやっても口出しされないのが良いですね。

スポンサーリンク

 

一人暮らしのデメリット

 

1.一人暮らしはさびしい

 

一人暮らしを始めた頃は、寂しさが強くなるかもしれません。

特に新生活からだと、仕事や学校の環境も新しくなるので、なかなか頼れる人がいないと辛いですね。

私も久しぶりに実家へ帰省した後に、下宿へ帰ってくると、あまりの静けさに虚無感を感じることがよくあります。

そのうち慣れることかもしれませんが、それまでは電話したり、サークルに入ってみたりして寂しさを紛らわしましょう。

 

2.家事を自分でしなければいけない

 

仕事や勉強などで疲れていると、なかなか家事をできないのも事実です。

しかし、掃除ををしなければ家が荒れます。

外食ばかりしていると健康にもよくありません。

仕事をしていると、風呂に入らない訳にもいきません。

一人暮らしを始めた途端に、生活が堕落していくことはよくあるので、家事が苦手な人は注意しましょう。

 

3.生活費を払わなければいけない

 

暮らしていくには、家賃・光熱費・水道代がかかります。

一人暮らの水道代と光熱費を合算した平均額は、9817円(マイナビ調べ)とされています。

もちろん場所によって、物価は異なりますが、ここに家賃と食費がかかってくるので、数万円は毎月払っていかなければいけません。

節約生活が苦手な場合は、水道代やガス代が定額の所に住んだり、家賃を抑えたい場合は学生寮・社員寮を使うのも手ですね。

 

実家暮らしと一人暮らしの違い比較まとめ

 

結局、一人暮らしにも実家暮らしにも、メリットとデメリットの両面があります。

一人暮らししなければいけない場合は別ですが、どちらでもできそうな場合は、「自由」を取るなら一人暮らし、「貯金」を取るなら実家暮らしをすれば良いでしょう。

ただ早いうちに一人暮らしをしておいた方が、後々楽だと思いますし、いざやってみると案外楽しかったりします。

個人的には一人暮らしにチャレンジしてみるのがおすすめです。

一人暮らしと実家暮らしを検討する場合は、それぞれのメリットとデメリットの比較に加えて、職場・学校までの距離や交通費も考慮して選びましょう。

以上、一人暮らしと実家暮らしの違いまとめでした!

スポンサーリンク

 

スポンサーリンク

 
The following two tabs change content below.

ginta

田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク





 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カナヘビもどき , 2019 All Rights Reserved.