節約と旅と本と……

暖房節約に寝袋を使ってみた

2019/02/08
 
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

もう暖房費節約として寝袋を使い初めて2年目になりました。

最初はこんなに続くと思っていなかったのですが、今は寝袋なしに冬は越えられないと思うくらい愛用しています。

そこで今回は寝袋を使ってみてのメリットとデメリットを書いてみました。

スポンサーリンク

 

始めに

かねてから暖房費削減として、テントを使用していたわけですが…

布団が冷たくては意味がない!

じゃあ暖かい敷き布団を買えよという話ですが、ふとん購入費を節約したいということで。

家にあった寝袋を使用してみることにしました。

使用した寝袋は旅用に楽天で買った、年中使えるタイプの物です。

感想

メリット

そこらの布団よりも温かいです!

確か-5℃まで耐えられるように作られているので、家の中なら十分に対応できます。

布団と違って体の一部が出ることが無く、フードを絞れば顔の部分までカバーできるので、耳も暖かいです。

敷き布団↑寝袋↑毛布↑掛け布団の組み合わせで寝ると最強です。

また、次の日に着る服を寝袋の中に入れておくと、暖かい服を着られます(しわが気になるものはNG)。

防寒性以外にも布団よりも軽いため干しやすいというメリットがあります。

特に敷き布団なんかは重くて干すの大変なので、その苦労が減るのは良いところです。

スポンサーリンク

 

デメリット

布団に比べて密閉性は高いですが、反面匂いがこもりやすかったり、蒸し暑くなることがあります。こまめに干すことが大事です。

また、意外な盲点として長さの長い寝袋だと足先の余った所が冷たくなりがちになります。布団ならば密着させて足に巻けば良いのですが、それができないので、自分は足の方に多目に布団をかけています。

そして何よりもの難点は、

暖かすぎて出られない 。

布団と共通の問題ですが、密閉性の高い寝袋は特に出られません。もうこれは歩ける寝袋買うしかないかと思いますが、自分は枕元にダウンとマフラー置いて、寝起きに着用して、暖かくなるまで寝袋のなかで待機してから出ています。笑

 

まとめ

寝袋を使うことで耐寒性はさらに上がります。意外と寝返りも普通にうてるので、快適です。干しやすいので、きちんと干せば衛生面も問題ないでしょう。あと、なにげに洗濯機で洗うことも可能です。

値段が安いものでもいまのところ破れたりせず使えているので、耐久面も問題ないと思います。

布団より優れているとは言いませんが、そこらの安い布団買うなら、代わりに寝袋という選択肢もありですね。

スポンサーリンク

 
The following two tabs change content below.

ginta

田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク





 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カナヘビもどき , 2018 All Rights Reserved.