節約と旅と本と……

カワラヒワ生態まとめ 日本トップクラスの綺麗な羽をもつ鳥

 
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

「ヒワ」という名前を持つ鳥には、「カワラヒワ」・「マヒワ」・「ベニヒワ」などが存在しますが、
その中でも、最も身近なのが「カワラヒワ」でしょう。

市街地の街路樹や公園で普通に見られ、冬場は群れで行動するので目にすることも多いですね。
「キリリコロロ」という鳴き声もよく耳にします。

カワラヒワ自体は、地味な見た目なので、普段あまり注目することは無いかもしれませんが…
実は羽1枚を見てみると、鮮やかな美しい羽の持ち主なんです。

今回はそんなカワラヒワの生態と、知られざるその魅力についてまとめていきます。

スポンサーリンク

 

1.カワラヒワの外見を画像でチェック

 

出典:wikipedia

ヒマワリが良く似合う鳥ですね。実際に夏場には、ヒマワリにとまって種をついばむ姿もよく見られます。

大きさは15㎝程度でススメと同じくらいの大きさです。

全体的には茶褐色ですが、鮮やかな黄色の翼帯が目を惹きます。
くちばしはピンク色で、尾の先がM型になっているのが特徴です。

アトリ科の鳥なので、くちばしは太く短いですね。

 

2.カワラヒワの分布

 

カワラヒワは全国に留鳥または漂鳥として生息します。
そのため寒地のものは、冬になると暖地へ移動します。

世界的には、日本・中国・韓国・ロシアのという、ユーラシア大陸の東端にしか生息していない鳥です。
そのため英名は「Oriental Greenfinch」、つまり「東洋の緑のアトリ」と名付けられています。

 

3.亜種オオカワラヒワとは?

 

日本には、小笠原諸島にのみ生息する「オガサワラカワラヒワ」と、冬鳥として飛来する「オオカワラヒワ」が亜種として見られます。

オガサワラカワラヒワは島に行かないと見られませんが、オオカワラヒワは本州の街中でも見られるチャンスがありあます。

冬場にはロシアで繁殖する群れが越冬しにやってくることがあり、その中にオオカワラヒワが混じっていることがあるそうです。

オオカワラヒワは、体が一回り大きく、三列風切の白色の部分がより幅広いという特徴を持っています。
野外では分かりにくいかもしれませんが、カワラヒワの群れに会ったら、探してみるのも楽しいですよ。
リアルなウォーリーを探せみたいなもんです。

 

4.カワラヒワの餌・食性

 

主に植物食で、植物の種子を食べることが多いです。
ハコベ・タンポポ・ブタクサなどの野草の種から、ニレ・マツ・スギなどの樹木の種まで食べます。
くちばしが太くて短いので、多少大きなヒマワリの種なども食べることが可能です。

また夏場には、雛に餌を与えるために、昆虫類を食べることも多くなるそうです。

スポンサーリンク

 

5.カワラヒワの美しい羽

 

姿は地味な鳥でも、羽一枚を見てみると、美しい羽を持っていたりします。
鳥も見かけによらないのです。

中でもカワラヒワの羽は、身近に見られる鳥の中ではトップクラスに美しいと思います。

その羽がこちら…

羽の外縁部分が蛍光の黄色で、黒色とのコントラストがかっこいいです。
内縁のようにかすんだ黄色だけでは全体がぼやけて見えますが、やはり外縁の濃い黄色が全体のイメージをまとめていますね。
これは翼の先の方の部分ですが、尾羽はさらに黄色の部分が多くて鮮やかに見えますよ。

 

6.カワラヒワの生態まとめ

 

身近な所で見られるカワラヒワですが…

①冬場にはオオカワラヒワが混じっていることがある
②実は羽が美しい

というあまり知られていない情報がありました。

カワラヒワの羽は目立つ色彩なので、街中の公園や道端でも注意していれば見つかる事があります。
普通種ですが、朝の通勤途中なんかに見つけると幸せな気持ちになれますよ。

これからはオオカワラヒワを探してみたり、散歩中に羽を探してみたり、カワラヒワに注目してみても良いですね。
以上、カワラヒワの生態まとめでした!

スポンサーリンク

 
The following two tabs change content below.

ginta

田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
この記事を書いている人 - WRITER -
田舎で節約生活をしながら暮らしています。 一週間の食費は800円以下! 夢は世界一周旅行! 主に、節約術、野食、旅について書いていきます。
詳しいプロフィールはこちら

スポンサーリンク





 

- Comments -

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

Copyright© カナヘビもどき , 2019 All Rights Reserved.